ビタミンC誘導体

シミ取り・美白に効果を発揮すると言われている成分は、最近ではだいたい絞れてきています。

 

ただ、一言でシミと言っても原因がいくつかあり、紫外線による色素沈着もあれば肝斑もあり、角質の汚れや喫煙、ストレスなどそれぞれによって向き不向きがあるのは確かです。

 

ただ、そのシミがメラニン色素の沈着である場合は、肌の中でチロシンとチロシンキナーゼが反応するのを食い止めるのが一番です。チロシンは色素の素となる物質、チロシンキナーゼはそれと反応する酵素です。この2つが化合するとメラニン色素になるわけです。

 

そんな美白成分でよく知られているのがビタミンC誘導体です。

 

この誘導体というのがよく使われる言葉ですが、ビタミンCを肌の表面から染み込ませようとしても、肌のバリアにひっかかって中まで浸透しないので、肌に入りやすい状態で染み込ませて、体内ではじめてビタミンCに変化するものを入れる方法が編み出されました。

 

ちょうど肌に浸透してメラニン色素の近くでビタミンCに変わってくれるので都合が良いですし、ビタミンCの状態では空気に触れてすぐに酸化してしまうので、誘導体のほうが楽だということもあります。

 

より中まで浸透させるために、イオン導入器などを使って送り込むのも今では主流ですね。

 

 

また、誘導体の状態であれば、ビタミンCよりも長い間肌の中で活動を続けさせることが出来るのも大きな利点です。寝ている間に絶え間なくずっとメラニン色素を攻撃し続けることも可能で、寝る前に塗ると夜中リペアしてくれるようなスキンケアコスメも多いですね。

 

ビタミンC自体は非常に安全性も高く、効果については厚生労働省のお墨付きです。