トレチノイン

トレチノインは、ビタミンAの50倍から100倍という美白効果があると言われるビタミンA誘導体です。最初に断っておくと、これは副作用が強すぎるために日本では一部の美容皮膚科でしか処方はされない成分になります。

 

基本的にはまだ認可に至っていないもので、実験的に病院で治療に使われているというのが正解です。あまりにも強すぎる成分は、コントロールを誤ると大変なことになるので慎重にならざるを得ないのです。

 

どうしても日本で強力な処方を望む場合には、取り扱いのある美容皮膚科を受診して、医師の指示の元で使ってください。

 

ビタミンA自体は、古くなった角質を取り除くはたらきがあります。

 

食べ物からビタミンAを摂るくらいのレベルであれば、摂り過ぎを気にするほどの量は食べられないので気にする必要はありません。表皮細胞が新しい細胞に入れ替わる生まれ変わりに大きく関係する成分なので、肌の奥で細胞が作られるスピードが早くなればそれだけキレイな細胞が表面に出てきやすくなると言えます。

 

線維芽細胞というのが真皮の中でコラーゲンを作っているのですが、そこに働きかけて肌の弾力を生んだり、うるおいを生むヒアルロン酸を増やすことも知られています。シミ取り・美白だけでなく、肌を美しくしたいのであれば、ビタミンAに注目するのも一つの方法です。

 

ただし、ビタミンAは摂り過ぎても簡単に体外へ捨てられないので、過剰症という病気になります。
中毒になるほど摂取はしないでくださいね。