トラネキサム酸

トラネキサム酸と言うと、炎症を抑える医薬品としてその成分を知っている人のほうが多いかもしれません。もともと医薬品で、肌が赤みを持ったり腫れたりした時に抗炎症作用があるとして使われてきたものです。

 

大手メーカーがその後美白成分としてのはたらきを確立させ、今では医薬部外品としてのスキンケアコスメに認定されています。もともとが医薬品としての成分ですので、肌に与える効果効能には信頼性がありますね。

 

このトラネキサム酸は、シミ取り・美白という意味ではちょっと特殊で、紫外線などによるシミよりも肝斑(かんぱん)の治療のほうに使われています。肝斑とは、主に30代40代の女性に多く出てくるシミで、頬などに左右対象に現れるものです。

 

輪郭がぼやけていて、広い範囲にもやもやと拡がる薄茶色のシミで、目のまわりにはできにくく、頬骨や口のあたりに出やすいものです。妊娠したり経口避妊薬によって症状が悪化するために女性ホルモンの影響を受けていると言われています。

 

ただ、ストレスが要因の場合もあり、なかなか治りにくいものでした。

 

トラネキサム酸の治療のおかげで確かな効果が得られるようになり、内服薬やビタミンCとの併用で解消しつつある人も多いですね。いままで有効な手がなかった女性の悩みに解決の糸口が出来るのは嬉しい限りです。

 

肝斑は、なんともぼやっとした存在なので、出てきた時にも自分でただのシミなのかどうなのかわかりにくいのが困った点です。知らずに光治療などを受けると悪化してしまうというやっかいなものなので、年齢と共に変化が現れたら注意深く観察することが大事ですね。