プラセンタ

最近のシミ取り・美白と言うと、必ず出てくる成分がプラセンタです。

 

プラセンタというのは胎盤のことで、動物の胎盤の中にある有効な成分を抽出することで、人間の肌に必要なはたらきを与えるというのが目的です。プラセンタは動物の胎盤が原料ですから、人の他には豚由来のものや馬由来のものが使われています。

 

プラセンタ自体は更年期障害や肝臓病の治療のために医療現場で使われているものなので、そちらは人由来のものしか使用してはいけない法律になっていますが、スキンケアコスメやサプリメントの場合には通常豚由来のものか、馬由来のものが使われています。

 

プラセンタの何が一番すごいかと言うと、成長因子と言われる物質が含まれていることです。もともと胎盤ですから、胎児が爆発的な細胞分裂を行って成長していくのを促進するチカラを持っています。

 

これは成長とともに体内で作られなくなりますが、もともとは動物が自分で生まれ持っているものです。
それをあらためて補給することで、肌組織そのものを生まれ変わらせてシミ取りや美白へつなげるというのが目的です。

 

最近では馬プラセンタのほうが人気のようですが、なかなか希少性の高い成分なのでコストはかかりますね。一時動物の胎盤に抵抗を感じた人が植物性のものに移った時期がありますが、植物には当然ながら動物を成長させる成長因子は含まれませんので、そこは知っておきましょう。

 

プラセンタの場合、シミ取りや美白といった観点よりも、肌細胞をまるまる入れ替えるようなイメージのほうが近いかもしれません。

 

プラセンタの専門サイト一覧