飲み薬でシミ取り

シミを飲み薬で治すという発想が定着しつつあります。

 

スキンケアと言えば直接肌に塗る発想が長く一般的でしたが、飲んで中から効果を発揮する方法もだんだんと普及し始めてきました。

 

一般のドラッグストアでも買えるれっきとした医薬品もありますから、シミが気になる人は通常のスキンケアにプラスして飲み薬も試してみてはいかがでしょうか。

 

・シミにも小じわにも効く

シミの治療薬にもいろいろありますが、アスコルビン酸やL-システイン、ビタミンC、各種生薬などの他、製薬メーカー独自開発の成分などが複合的に配合されていて、シミの色素を追い出したり、分解したり、肌にハリを与えてシワの対策をしたりと、肌の美容に全般的に効果を発揮する製品が発売されています。

 

・全身に効果あり

飲み薬の利点としては、当然のことながら飲んで中から作用させるために、顔だけなど限定した部分だけではなく全身に効果が得られることでしょう。

 

腕や背中、足などにも気が付くと気になるシミが浮かび上がって来ているものです。
ケアの届かない部分までいっぺんに作用が期待出来るのは大きなメリットです。

 

・隠れジミも分解

すでに肌の表面から見える状態にあるシミだけでなく、まだ見えていない肌の内部のシミにも的確に効果を与えることが出来るのが飲み薬の有利な点です。

 

さすがに表面から見えないシミまで化粧品で対応するのは不可能ですから、潜在的なシミの元を分解出来るのは嬉しい点です。

 

・肝斑にも効果あり

永らく専門家からも「手がつけられないシミ」と言われ続けてきた肝斑も、ようやく有効な解消成分が開発され、一般的な飲み薬(※主にトラネキサム酸)として普及し始めています。

 

肝斑の場合は一部他のシミとは違う対応を必要とする飲み薬もありますので、使用する場合にはしっかり用法や用量は守りましょう。

 

レーザー治療では悪化を招くリスクが高い肝斑ですから、基本的な治療は飲み薬が一番です。多少時間は要しますが、確実に効果を発揮出来るよう、コツコツ内服しましょう。

 

シミに効く飲み薬を紹介しているサイト一覧