AHA(アルファヒドロキシ酸)

AHAというのはフルーツ酸でアルファヒドロキシ酸と言います。

 

最近エイジングケアコスメで良く見かけるようになった成分ですが、シミ取り・美白の分野では外せない成分になりつつありますね。このAHAのはたらきと言えば、メラニン色素を身体の外へ追い出してくれるという頼もしいものになります。

 

フルーツ酸ですので、柑橘類に多く含まれていて、乳酸・クエン酸・グリコール酸・リンゴ酸などのいろいろな種類の酸をまとめて呼ぶ総称となっています。

 

AHAが肌の中で行ってくれるのは、角層にある古い角質の細胞の結合を解いて、いらないものを取り除いてくれるという化学変化です。古い角質は自然に剥がれて落ちていくのが人間の自然な新陳代謝なのですが、年齢を重ねたり肌が外部刺激で弱っていたりすると、なかなか剥がれ落ちずにそのままこびりついてしまうことになります。

 

これがくすみや肌荒れの原因となり、美白から程遠い状態になってしまうわけですね。

 

AHAは主にピーリング剤に含まれる成分で、こびりついた古い角質を取り除いてくれるはたらきをします。一般の家庭で使えるレベルのものもありますし、美容皮膚科などで扱える酸の強いものもあります。

 

ケミカルピーリングと呼ばれるものですが、グリコール酸という強い酸が使われることが多いですね。AHAは酸の強度をコントロールしやすいので、状態にあわせてより効果的なピーリングが行えるので重宝されているのです。

 

AHA自体が肌のターンオーバーを促す美白効果も期待出来ますし、角質が取れた状態で他のスキンケアコスメを浸透しやすくするという効果もあります。